2018年3月18日日曜日

エチオピアの宝。そして別れの季節。




この2年、エチオピアに夢中になっていた。まだまだ知りたいことはたくさんあるが、ある程度の満足はしている。
2014年に初めてエチオピアへ行った。当時、エチオピアの特殊性に違和感を覚えた。この世界はいくつもの不正義が平気でまかり通っているのではないかと考えるようになった。

私の好奇心を最も刺激したのは、なぜエチオピアは特別扱いされているのか、そしてなぜ、特別扱いされながらもエチオピアを貶めるような言説が拡がっているのか、という謎である。

今はそれなりに納得のできる結論に達している。
やはりというか、本当にエチオピアは特殊な国であり、特別な国だと分かった。
さらに、エチオピアの研究は私の人生に決定的な変化をもたらした。
今更、変な奴だと思われることに何も抵抗は感じないけれど、私は神の実在を確信したのである。
こればかりはどれほど大きな声で主張しても、人を説得することができないかもしれないけれど、2000年以上行方不明になっている宝の在処を知り、神が実在していることを疑えなくなってしまったのである。

旅人ごときがそんな発見をするはずがないという先入観のためか、
あるいは、神が実在しているなんてそんな馬鹿げたことがあるはずがないという前提で設計された教育を受けてきたためか、
自分の発見は、今の時代には受け入れられないものだと気が付いている。


2014年までの私の旅は、開発は絶対に正しいことであり、困っている人の暮らしを良くするためのものだという前提に立っていた。

エチオピアの村の暮らしに近づき、私の前提は正しくないのではないか、と自己批判的な検討をするようになった。30年生きた中で一番、大きな変化を感じた2年だった。エチオピアとの出会いに感謝しています。

また村の子ども達に会いに行きたい。
ひとまず、エチオピア編はここで区切りとします。

エチオピアが特別な国である理由。旅人ごときの私が発見した宝について、一冊の本として残します。

ワンピースは実在している
アマゾンはこちら>>


そしてエチオピアの村での出会いを物語形式で表現しました。
Life Story from Ethiopian Village / 3zok




2018年3月、日本を離れ、また新しい出発です。

これからも、いろいろな場所で、いろいろな物語を表現していきたいと思います。

YoutubeのチャンネルとInstagramのフォローをお願いします。

Youtube>>>

Instagram>>>