2017年12月14日木曜日

エチオピアのミステリー3 1974年以後のエチオピア

<エチオピアのミステリー>








3. 1974年以後のエチオピア

前回は、エチオピアが「人類発祥の地」と言われていることについて書きました。

信仰心の篤いエチオピアの人々(特にエチオピア正教の信者)が、
猿から人間に進化したというダーウィンの進化論よりも
「神が自分に似せて人間を創った」という聖書の記述を重視している
という話をしました。

猿人の化石人骨の発見を根拠にして、エチオピアを「人類発祥の地」と主張しはじめたのは、エチオピア人ではないのです。

考えてみれば、不完全なダーウィンの進化論を受け入れるかどうか以前に、
化石人骨の発見を根拠に「人類発祥の地」を主張することに大きな違和感があります。

もしも320万年前のラクダの化石が見つかったら、その場所はラクダ発祥の地になるのでしょうか。

偶然、その地域の環境が、古い時代の骨を化石として保存することに恵まれていただけのことです。

誤解と言うよりも、あまりにもお粗末な間違いではないでしょうか。

ルーシーの発掘に関わっていた人たちも、実際にエチオピアを「人類発祥の地」と呼ばせようと画策した人たちも、しっかりと教育を受けた人たちであり、普通に考えれば、そんな間違いはしないはずです。

歴史や文化に対するリスペクトを欠き、人を馬鹿にしているような人たちが、猿人の骨を理由にして「人類発祥の地」のレッテルをエチオピアに張り付けたと私は考えています。

どうせ庶民などは、「人類発祥の地」と言っておけば、疑いもしないだろうと考えている様子が透けて見えてくるのです。


観光資源になるのだから、いいではないか!

そんなことはありません。その発想自体が、資本主義のモノサシしか持てなくなってしまった人間の内面を映していると思います。

文化も歴史も人間も、経済的価値で推し量られるべきものではないのです。

権力側と庶民側の間に考え方のギャップはありますが、私の知る限り、エチオピアの人の多くは、観光資源になれば何でもいいというような発想をしません。

それはエチオピアで多数派を占めるエチオピア正教とイスラム教が共有する「清貧」という価値観とも結びつくところです。

経済至上主義的な価値観を優先させることは、彼らの信仰においては、「堕落」であるからです。

しかしながら、信仰の在り方は、いつの時代も変わらないものではありません。
常に動いているのです。

昨今では、エチオピアの高い経済成長率が注目されています。
開発が進む中においても、信仰心の篤さを残してはいますが、変わっていく社会との間でバランスを保ちながら、信仰事情は変化しているのです。

エチオピアの宗教に関して、大きな変化の年は1974年です。

3000年続いたエチオピア皇室が幕を閉じた年です。
エチオピアの歴史の中で、最も大きな転換点です。

我が国は敗戦後、日本国憲法で政教分離が原則とされ、国家神道が国教ではなくなりました。それと同じように、エチオピアでは、1974年のエチオピア革命によって、エチオピア正教が国教ではなくなり、信仰の在り方が大きく変わったのです。

エチオピア正教が国教とされていた1974年までのエチオピア帝国では、
今よりも厳密に、『エノク書』を含む聖書に基づいた信仰の姿があったと思われます。

そして、ルーシーが発見された年も偶然にして1974年です。

もしも、エチオピア正教が国教とされた状態が続いていれば、猿人の化石人骨を、現在の人類と結びつけるようなことは許されなかったはずなのです。

前回説明したとおり、旧約聖書『創世記』には

「神が自分の姿に似せて人間を創った」という記述があります。

(前回:人類発祥の地は本当か) 


1974年以前では、聖書の記述を重視する人の割合が今よりも高く、猿から人間に進化したというダーウィンの仮説を、全く相手にしなかったに違いないのです。


エチオピア革命とルーシーの発見が、1974であることは偶然ですが、
2つの大きな事件は、「人類発祥の地」という肩書きと密接に関係しているのです。

先に述べたとおり、「人類発祥の地」と言い始めたのはエチオピア人ではなく、しかも、ありえない間違いを含んでいます。

そして、「人類発祥の地」と言わせること自体が、エチオピア正教を貶めるものでもあります。
考えすぎなのかもしれませんが、エチオピア正教を貶めようとした理由があったとすれば、それは『エノク書』の存在であった可能性が高いです。

エチオピア正教が聖典に含んでいる『エノク書』は、世界から隠されているのです。
その理由は今後、説明していきたいと思います。

そこに世界のもう一つの歴史が埋もれているのです。




―笑われていこうぜ、75憶分の1の人生―







<エチオピアのミステリー>


▼Instagram
https://www.instagram.com/umino3zok/