2013年12月26日木曜日

POWER WOMEN SHOP JAPANのオープンに向けて

このケニアで出会った、キベラスラムに住むHIV⁺の女性グループ「POWER WOMEN GROUP」。






キベラスラムでは、就学率は低く、特に女子を学校へ行かせるためにお金を払うことに、あまり意味がないと考える傾向にあり、女の子が教育を受けることはさらに難しいのです。

その代わりに、小さいころから家事の手伝いや、売春をすることで家族を助けていかなければなりません。


・キベラスラムの女子の就学率 8%
・売春を経験したことのあるキベラスラムの女性 66%
・コンドームを使うことでHIV感染が予防できることを知っている女子 32%






HIVに感染していることは地域での生活をさらに難しくします。

偏見や嫌がらせの対象になり、収入を得るための仕事に就くことだけでなく、生活に必要な物の貸し借りを拒否されたり、水や食料を売ってもらえなかったりします。

お金がなく、生活が苦しい上に、HIV⁺であることによる差別や偏見によっても苦しめられるのです。



そんな環境の中、未婚で複数の子供を育てている母親が、どうやって笑っていられると思いますか。



POWER WOMEN GROUPは同じような苦しみを抱えた者同士が、励まし合い、勇気づけ合うために結成されました。



これまでの努力によって、今ではPOWER WOMEN SHOPをオープンし、アクセサリー作りをしておりますが、彼女たちのグループは営利目的の団体ではありません。

それでも何の支援も受けず、今日までグループは存続しております。



実際のところ、アクセサリーを作って、販売することによる収入はほとんどないのです。

400円や、500円のアクセサリーが1つ2つ売れたところで、彼女たちの生活は変わりません。




グループのメンバーの皆さんを見ていると、POWER WOMEN GROUPの本当の価値を感じることができます。


SHOP
内では、アクセサリーを作ったり、テレビを見たりしながら、女性同士で会話を楽しんでいるのです。





本当に楽しそうに話をする姿が、印象的でした。




アクセサリーを作ることよりも、アクセサリーを作りに週に1回か2回、SHOPへ行って、話をして励まし合う。


苦しい環境の中で暮らす、同じ悩みを抱える女性同士で、励まし合うこと、元気を分け合うことに価値があります。






出勤が週に1、2回というのも、アクセサリー作りによって得られる収入はほとんどないからです。

出勤しない日は、家の用事や何か生きていくための収入を得る、他のことをしなければならないのです。








しかしながら、ショップの運営費や、新しい材料を購入するための資金を捻出するために、アクセサリーを買ってくれる人がいないと困ります。支援活動などでキベラスラムへ訪れる外国人が主なお客さんだそうです。


よく売れた月には、月末にメンバーへ分配されるお金も増える仕組みです。






POWER WOMEN SHOP JAPANをオープンします。



POWER WOMEN GROUPの女性が作る、素敵な商品を日本の皆様へ届けます。
商品は手作りで、本当に素敵なので、喜んでいただけると思います。



●発送は6か月に一度
商品代金に比べて送料が高いので、6か月分の注文をまとめて、ケニアから日本へ送っていただきます。その後、日本国内の1か所から、全国にお届けします。最初の発送は20147月以降の予定です。



●僕は1円も頂きません
いつも通り、1円も頂きません。
国内での送料だけ残して、ケニアに送金し、少しでも余ったらまたケニアに送金します。逆に赤字になったら、工事現場で旗でも振って、自分で払います。税金も自分で払います。






およそ30品目、細かく数えると150種類くらいある商品の写真を撮って、1つずつの商品の値段を聞いてきました。
ヨハネスブルグでカメラ(良いやつ)を強盗に取られたので、素敵なはずの商品の写真が、生のままでは残念な見え方なので、クリスマスイブの夜に300枚ほどの写真を1つ1つ画質修正しておりました。



POWER WOMEN SHOP JAPANを年内にオープンします!


POWER WOMEN GROUPの紹介用動画と一緒に、年内に見せることができるように準備をしております。

動画も、キベラスラム内部の様子やPOWER WOMENの皆さんが働いているところなどが見て分かるものになっております。

楽しみにしておいてください。




イイね!ガンバレ!は下の画像クリックでお願いします。

ブログランキングに参加することにしました。
ランキングがアップすると、見てくれる人が増えるそうです。
見てくれる人が増えると、もっと多くの人に伝えることができます。

下の画像がクリックされると、ランキングがアップするようです。
毎回クリックして応援して頂けると嬉しいです。
↓↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



↓↓力を貸してください。

★ジンバブエ農村部の孤児院へ自転車20台を届けるプロジェクト